しっかり効果を出す!ウォーキングダイエット成功するやり方とカロリー!

ウォーキングダイエット成功するやり方とカロリ-!

ダイエットを始めたいけれど、カロリー制限やきつい運動は敬遠したい・・。

そういった方にイチオシなのが「ウォーキングダイエット」です。

通勤通学の途中や家事のついでにできます。高価な道具やウォ-キングを行う特定の場所も必要ありません。

ただ歩くだけでダイエットできるの?と疑問を感じるかも知れません。

ここでは、「ウォーキングダイエット」の正しいやり方、そしてあなたが疑問に感じる事について調べてみました。 


Sponsored Link


ウォーキングダイエットって?

ウォーキングダイエットとは、「歩くことで行えるダイエット方法」です。 私達が普段、意識しないで行なっている「歩く」という動作は、まさに有酸素運動になります。

有酸素運動とは、身体の中に酸素を取り入れることで脂肪燃焼効果が期待できるため、ダイエットには欠かせない方法の一つとなっています。

簡単すぎてあんまり深く考えたことが無いかも知れませんが、歩くことって人間の基本動作ですから実は非常に数々の「効果」があるんです。

毎日のウォーキングは、ダイエットに取っても効果的です。

現代社会には、数えきれないほどのダイエット方法がありますが、その中にあってもウォーキングダイエットは一番手軽でスタートしやすい種類に入るダイエット方法です。

ダイエットをスタートするにあたって、特別な器具を用意する必要もなく、体を動かすことが苦手という方でも気にすることなくできるのが、ウォーキングダイエットです。

 

ウォーキングダイエットの効果や効用

ウォーキングダイエットは、実を言うと他の有酸素運動を取り入れたダイエット方法と比べると、1時間当たりのカロリー消費は低いため、決して即効性のあるダイエット方法とは言えません。しかし、ウォーキングダイエットには様々な効用があります。

簡単すぎてあまり深く考えたことが無いかもしれませんが、歩くことって人間の基本動作ですから実はとってもたくさんの「効果」があるんです。

簡単にできるけどその効果や生活に与える作用は「深い」のです。

自転車や水泳、ジョギングなどの有酸素運動は、人によっては行なうのが簡単ではない場合がありますが、歩くのが苦手という方はあまりいないと思います。

また、毎日多忙な日々を送る中において、ダイエットに割く時間が作りにくいという方も多いと思いますが、 日々のわずかな時間に行うことが可能です。

ウォーキングダイエットは通勤、通学、買い物の途中にできるのがメリットと言えるでしょう。

 

自分のペースで呼吸しながら脂肪燃焼に必要な酸素を十分摂取できる有酸素運動ですので、エネルギーの「原料」として「体脂肪」を使いやすいのです。

ですから、「体脂肪」を効率よく消費したい人に適した、ダイエットにも有効な運動と言えます。

 

次に、ウォーキングダイエットは、「身体へのダメージの少ない状態で、健康的に痩せることができる」のです。

食事療法やキツイ運動を毎日行うことで、体重は一気に下がりますが、その分コンディションを崩しやすくなってしまいますし、長期的なダイエットは危険も伴います。

ですが、ウォーキングダイエットではそういうふうな心配が無く、ダイエットをやり続けることができます。

さらに、運動をしているという認識が殆ど無いけれども、心肺機能が向上することで疲れやすさが解消されたり、日常の生活のしやすさを実感することができます。

身体が容易に動くようになると、より運動を楽しみたいという思いも高まりますし、ストレスが発散させて精神的にも安定しやすいなど痩身だけではない効果が多くあるのがウォーキングダイエットの特徴と言えるでしょう。

有酸素運動が身体にもたらすおもな効用には、以下のようなものもあります。

基礎代謝量の向上  ・ 血中の脂肪を減少させる ・  あらゆる病気の予防・改善に役立つ  ・血中の糖質を消費するので、血糖値が下がる ・ 疲労回復が早まる ・ 睡眠を促進する ・ 脳への刺激  ・ 足腰の筋肉が鍛えられる 等

ウォーキングダイエットの正しいやり方


ウォーキングダイエットは、ただ歩けばよいということではありません。

同じウォーキングでも、ダラダラ歩くのと、キビキビ歩くのとではダイエット効果が違います。

当たり前ですがダラダラ歩きでも意味がないことはありませんが、どっちにしろやるなら、より効果を得たいですよね。

① ウォーキングは背筋を伸ばして、いつもより少し大股で、少し早足で歩くと効果が一段とあがります。

その理由は、ふくらはぎの伸び縮みにあります。ふくらはぎは「第二の心臓」と呼ばれています。

ウォーキング中は、ふくらはぎが動いていることを意識しながらやってみるといいでしょう。

背筋を伸ばし、胸を少し張って、視線はやや前方を見ましょう。

猫背や視線が足元を見ていては、せっかくのウォーキングダイエットも効果が期待できません。

② 着地はかかとから行い、踏み出す際は親指に力を入れて地面を蹴ります。

ポイントは

① かかとで着地する

② 足の親指で蹴って歩く

③ 重心移動は「かかと」から「つま先」へが基本・・・

かかとで着地し、足の指先に向かってだんだんと重心を移動します。

④ 歩幅は自分の肩幅程度が最適

ウォーキングダイエットのポイント【距離や時間】

ウォーキングの効果が得られるのは、運動を始めてから20分を経過してからだといわれています。

20分ウォーキングを続けた後に、脂肪燃焼が始まるからです。

高い効果を得られるウォーキング方法は、20分以上続けること。

20分ウォーキングを続けてから脂肪燃焼が始まるため、ダイエット目的で運動しいてるいる方は特に意識してみてください。

朝食前に運動を始めると、まず糖質がエネルギーとして使われ始めます。

朝食前は血液中に糖質が少ないので、かわりに脂肪が燃えやすくなるといわれています。

朝食前でなくてもウォーキングは昼でも夜でもちゃんと効果はあります。

ウォーキングは毎日続ければこそ、効果があります。

毎日続けるには、飽きないように工夫する必要があります。

ウォーキングダイエットの消費カロリーは?

ウォーキングの効果が得られるのは、運動を始めてから20分を経過してからだといわれています

20分ウォーキングを続けてから脂肪燃焼が始まるため、ダイエット目的で運動しいてるいる方は特に意識してみてください。

ウォーキングは、老若男女気にせず、いつでも簡単に始めることができます。

例えば、30分のウォーキングで、どのぐらいのカロリーを消費するのかご存知ですか?

 

体重50kgの方のウォーキングダイエットによる消費カロリーは、およそ次の通りと言われています。

体重50kgの人の場合 ウォーキング

・30分…130キロカロリー消費

・60分…260キロカロリー消費

体重60kgの人の場合 ウォーキング

・30分…約160キロカロリー消費

・60分…約320キロカロリー消費

ご自分のペースに合わせたウォーキング方法を模索するためにも、是非、参考にしてくださいね。

しっかり効果を出す!ウォーキングダイエット成功するやり方とカロリー!のまとめ

ウォーキングダイエットは、継続していくことで結果がついてくるダイエット方法です。

行う前にはストレッチなどの準備運動を行い、しっかりと身体をほぐしましょう。

水分はあなたの身体にとって大切ですので、運動中であっても補給しましょう。

 

無理をせずに自分の体力や体調に合わせて行いましょう。


Sponsored Link


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)