ダイエットで一番効果のある運動!健康的に美しくダイエットするコツは?

ダイエットで一番効果のある運動!健康的に美しくダイエットするコツは?

健康的にダイエットを行うとしたら、運動が欠かせません。

ダイエットをしようと決意した際に多くの人は目標を設定します。

大体の人は目指す体重目標を設定し、ダイエットを始めますが、それを短期間で行うには身体への負担が大き過ぎます。

始めたとしても痩せるまで続けるのは困難です。

しかも、体重は中々目標には届かないことで、諦めてしまったり精神的につらくなってダイエットができなかったという方。

高い目標を持つことは大切ですが、身体への負担の少ない継続できるダイエットから始めましょう。

簡単に無理なく行えるダイエット運動があるとしたら、チャレンジしてみたいとは思いませんか。

そこで今回は、健康的に美しく効果的に痩せるダイエット運動をご紹介したいと思います。


Sponsored Link


ダイエットと有酸素運動との関係

通常の運動は有酸素運動と無酸素運動が組み合わさっているものがほとんどです。

一般的に有酸素運動と呼ばれるものは、「有酸素運動の割合が多い運動」を指しています。

脂肪の減少を目的として行う場合は、有酸素運動の中でも、よりその割合が多い運動が効果的です。

有酸素運動は、酸素を体内に摂り込むことで脂肪燃焼が活発になり、血液の流れがよくなることで代謝もアップし、便秘やむくみなどの症状の改善が期待できます。

他にも、ダイエット、ストレス解消、スポーツの基礎体力アップにも効果があります。

具体的に身体にどのような影響を与えてくれるのでしょうか?

有酸素運動が身体にもたらすおもな効用には、以下のようなものがあります。

体脂肪の燃焼

心肺機能が高まる

基礎代謝量の向上

血中の脂肪を減少させ、あらゆる病気の予防・改善に役立つ

血中の糖質を消費するので、血糖値が下がる

疲労回復が早まる

睡眠を促進する

脳への刺激

足腰の筋肉が鍛えられる

ストレス解消に効果がある

有酸素運動というとダイエット目的で行う方も少なくないですが、上記のように健康維持のためにもぜひ行いたい運動なのです。

有酸素運動の効果を上げるためのポイント

有酸素運動をするときは、呼吸に意識をおいて常に呼吸をチェックしてください。

激しすぎないか軽すぎないかどうか、に気をつけましょう。

ハアハアと楽に「呼吸」ができる程度がいいのです。

ダイエット・健康のために有酸素運動を取り入れる場合は、20分以上継続して行うことでより高い効果が期待できます。

20分以下でも充分なのですが、血中脂肪の燃焼だけで終わってしまい、体の脂肪は使われません。

これは、運動を開始して20分ほど経過したあたりから体脂肪がエネルギー源として使われ出すので、それ以上の運動時間が必要なのです。

しかし、20分以上続けなければまったく効果が得られないわけではなく、10分の運動であっても脂肪を消費することは可能です。

無理をせずに自分の体力や体調に合わせて行いましょう。

長く続けるのが難しい場合は、5分~10分を数回にわたって行うなど、回数を積み重ねる方法もあります。

有酸素運動を続けるための注意点

気軽にできるからと油断すると、思わぬケガなどのトラブルを招く可能性があります。

どんな運動であっても、行う前にはストレッチなどの準備運動を行い、しっかりと身体をほぐしましょう。

水分はあなたの身体にとって大切ですので、運動中であっても補給しましょう。

また、空腹時の運動は避けてください。

反対に、しっかり食事をとった場合は、30分以上あけてから運動するようにしてください。

ダイエットで一番効果のある運動!

効果的な有酸素運動の条件としては”ゆっくりとした動き”足を使った運動”ということです。

ウォーキング

手軽に始められるスポーツとして注目を集めています。

短期で効果が出るものではありませんので、少し長めに目標を設定しましょう。

<やり方>

朝食前に運動を始めると、まず糖質がエネルギーとして使われ始めます。

朝食前は血液中に糖質が少ないので、かわりに脂肪が燃えやすくなるといわれています。

朝食前でなくてもウォーキングは昼でも夜でもちゃんと効果はあります。

ウォーキングは背筋を伸ばして、いつもより少し大股で、少し早足で歩くと効果がグンとあがります。

大股で早歩きをすれば、下半身痩せと代謝アップにつながります。

ウォーキングの効果が得られるのは、運動を始めてから20分を経過してからだといわれています。

20分ウォーキングを続けた後に、脂肪燃焼が始まるからです。

高い効果を得られるウォーキング方法は、20分以上続けること。

20分ウォーキングを続けてから脂肪燃焼が始まるため、ダイエットを意識している方は特に意識してみてください。

ジョギング

ジョギングとは会話しながら走れる、ゆっくりした速さで走ることである。

ウォ-キングとランニングの中間位の速さで行い、長時間の有酸素運動ができるため、健康に良いとされている。

ただしやりすぎると逆効果になることもある。

<やり方>

姿勢は、背筋をまっすぐに伸ばして肩の力を抜き、軽くひじを曲げます。

歩幅の目安は、普段の歩幅の半分を意識して、あまり無理をせず少し息が弾むくらいのペースで続けましょう。

逆に、息がゼイゼイと切れるほどの激しい運動になると、無酸素運動になってしまい、

ダイエット効果が少なくなってしまうので気を付けましょう。

水泳

水泳は、有酸素運動の代表選手。

全身運動で脂肪を効率よく燃焼することができる上、浮力がかかるので足腰への負担も少なく安心です。

水中ウォ-キング

水の浮力のおかげで身体に負担をかけることなく水の抵抗で陸上で運動をするよりも運動量が多いという事で人気の運動法です。

水中ウォ-キングと陸上のウォ-キングとを比較して、水中ウォ-キングは消費カロリ-が約2倍近くまで高まります。

踏み台昇降運動

丈夫な台を用意し、その上に乗ったり降りたりという単純動作を繰り返します。

左足を乗せたら次は右足を乗せ、また左足を下ろし、右足を降ろすというように「交互に」足踏みするように動かします。

 

お風呂ダイエット

ぬるめのお湯にゆっくりつかるだけの簡単ダイエット。

40℃のお湯なら20分、38℃なら30分入浴すると、約70~100kcalを消費します。

また、皮膚の血管が拡張すると胃腸の血管が縮小するので、食欲を抑える効果もあるようです。ぜひ食前に試してみて下さい。

 

呼吸ダイエット

呼吸をすることも有酸素運動のひとつ。

有酸素運動によって、筋肉などに入り込んだ脂肪酸を燃焼させるダイエット法が「呼吸ダイエット」です。

腹式呼吸、胸式呼吸をはじめ、鼻から息を吸う鼻呼吸にもダイエット効果が期待されます。

思い立ったら場所を選ばず、いつでも始められるダイエット法なので、ぜひ覚えておきましょう。

 

ヨガ

インドから伝わったヨガは、本来人間に備わっている自然治癒力や自己免疫力を高めることができる健康法です。

これにフィットネスの要素を加えたのが「ヨガダイエット」です。

身体の歪みなども改善される「ヨガダイエット」は、ハリウッド女優の間などでも効果的なダイエット法として流行しています。

 

ダイエットに効果のある運動のまとめ

有酸素運動はダイエット・健康のためには最適な運動です。

3ヶ月続いたけれど、それでやめてしまった、ではもったいないですよね。

始めたからには、長く続けましょう。

そのためには、毎日の食事と同じように、生活の中に溶け込ませることです。

有酸素運動は続けることが一番大切です。


Sponsored Link


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)