必ず効果が出る!水中ウォ-キングダイエット成功するやり方とカロリー!

痩せる効果のある水中ウォ-キングダイエットのやり方とカロリー!

「私、泳げないので水中で行なう運動はムリ」と考えていないでしょうか?
水中ウォーキングは水の中を歩くことですが、陸上を歩くよりも多くの効果が期待できます。
水中ウォーキングだったら、水泳に自信のない人でも簡単に始めることができます。
ただ単に水の中を歩くだけという感じですがこれが相当な運動量になるので、思った以上にハード。
思っていた以上に大変でやめてしまうという人もいるようです。
水中ウォーキングは直ぐに効果があるものではなく、長い時間続けることで効果が得られるものです。


Sponsored Link


水中ウォ-キングダイエットって?

 

水中ウォーキングは水の中を歩くことですが、陸上を歩くのと見比べてたくさんの効果を得ることができます。
正しい歩き方をして継続する人はダイエットできるけれど、ただ自分流で歩いてる人はどんなに長い時間をかけても太ってるままです。
水中では水の抵抗があるため、陸上の運動に比べて、全身に満遍なく負荷がかかることにより単にやせるだけでなく、適度に筋肉の付いた均整の取れた体になり、美しくやせることができますし、血行がよくなることにより、健康にもとても良いとされています。
ダイエットに適した運動はいわゆる有酸素運動ですが、水中ウォーキングは陸上で運動するよりも効率よく、老若男女に安心しておすすめできるダイエット方法と言えるでしょう。
また、水中では浮力がありますので、高齢者や、かなり体重のある方であっても、怪我を気にせずダイエットができるのも魅力です。

 

水中ウォ-キングダイエットの効果や効用

 

①ダイエット効果

水中ウォーキングを行うとカロリーを消費しますので、ダイエット効果が期待できます。
まずは、水中ウォーキングでどれくらいのカロリーを消費するのでしょうか?
体重や年齢、性別によっても変わってきますのできちっとした自分の体重から計算する必要があります。

まず、覚えておかなければいけないことが、水中ウォ-キングにより体重1Kgが1分間に消費するカロリ-0.096Kcalということです。
同じ時間歩いて、水中では、陸上よりも消費カロリーが高くなる理由は、水圧へ抵抗しての運動、水温が体温よりも低いために体内で体温を高めようと熱を発することなどが挙げられます。
水中では浮力があり、膝への負担が軽くなります。

水中ウォーキングで腱や関節、筋肉などの大けがをしたというような話を聞かないように、水中では浮力により、身体の負担が少なくなり、ケガすることもほとんどありません。
特に、高齢者や、膝などに病気がある人には、取組みやすいのがウォーキングであると言えるでしょう。
水中ウォ-キングで効率的にダイエットするには摂取カロリ-を抑えることが一番です。
「水中ウォーキングの効果」として①ダイエット効果を紹介しましたが。
他にも②中性脂肪、コレステロール、高血圧などの予防・改善効果、③筋肉増強および疲労のための熟睡効果も望めます。

②中性脂肪、コレステロール、高血圧などの予防・改善効果

中性脂肪やコレステロールの値の異常のことを脂質異常症といいます。
脂質異常症の原因には、過食、、高脂肪の食事、アルコールの取りすぎ、運動不足などがあります。
メタボリックや太り過ぎの原因にもなります。

中性脂肪、コレステロールなどの脂質異常症、高血圧のすべてに、ダイエットすることは有効です。
痩せるためには、食事の量を減らす事と運動するという事のコントロールが重要です。
運動に関しては、ウォーキング、ジョギング、水泳などがありますが、高齢で、膝などの病気がある場合に、簡単に取り組めるのが水中ウォーキングです。

水圧や水の抵抗があり、水中ウォーキングを行うことは、陸上でのウォーキングに比べて負荷がかかります。
その負荷に対して、例えば1時間水中ウォーキングすると、皮下脂肪が少なくなったり、メタボリックで無くなるといった効果があります。
痩せることにより、脂質異常症や高血圧が改善していくことが期待されます。

③筋肉増強および疲労の為の熟睡効果

ダイエットのために水中ウォーキングをする人がいる反面、それに対し、筋肉をつけるために水中ウォーキングをする人達もいます。

陸上でふつうの歩行もままならないという方にとっては、歩かないことによる脚の筋肉の衰えがあります。
水の浮力がある為、水中ウォーキングでは膝への負荷が少なくなり、膝の周りの筋肉増強に役立ちます。
膝などの痛みを抱えていない一般の人たちにとっても、水中ウォーキングは筋肉増強に役立ちます。
水圧に抵抗して歩くことで、脚や腕などの筋肉増強が期待され基礎代謝も上がります。
基礎代謝の強さは筋肉量が大きいほど高くなるといわれています。

したがって、水中ウォーキングにより筋肉が増強すると、基礎代謝が上がり、エネルギーを消費しやすくなるのです。
水中ウォーキングにより、脂肪の少ない筋肉量の多い身体に変わっていくことが期待できます。
水中ウォーキングを例えば、1時間すると、筋肉がつき、エネルギーが消費される効果に加えて、疲労感があり、夜熟睡できる効果が得られます。

 

水中ウォ-キングダイエットの正しいやり方

 

スイミングですと、追い越してきたり、前を泳ぐ人とぶつかったりするようなことがたまに見られますが、水中ウォーキングは運動ではありますが、何かを競い合う競技スポーツではありません。
水中ウォーキングをする人は、ダイエットに取り組む人、膝などの疾患のリハビリなどをする人等が多く、周りに気を遣いながら、マナーを順守して水中ウォーキングに取り組んでいる人が多くいます。
正しいやり方を実践することで、ダイエット効果が発揮されたり健康的な生活を送れるようになるわけです。

正しい水中ウォーキングの姿勢は、頭を高く保ち、前傾姿勢や後傾姿勢にならないようにすることが基本です。
視線は水平に、おなかを引込め、骨盤を少し前に出すようにします。
手足を大きく動かし、陸上の歩行と同じようにして歩きます。
これが水中ウォーキングの基本姿勢ですが、他に、水中でサッカーボールを蹴るかのように、両脚を使って前に蹴り上げる運動があります。
脚の筋肉強化につながります。
また、膝を高く上げて、逆の手の裏にタッチさせる歩行運動もあります。
股関節の強化につながります。
さらに、走る動きを水中ウォーキングでやることもあります。
膝を高く上げますが、腕もランニングするときと同じように、肘をまげて、手を顔の横まで上げます。腕と脚の筋力がつきます。

 

水中ウォ-キングダイエットのポイント【歩き方や時間】

 

水中ウォーキングは歩き方一つで感じられる効果が異なります。
普段と同じように歩くだけでなく、ダイエットに効果的な歩き方を取り入れて、全身を鍛えるようにしましょう。
基本的な歩き方は 陸上で歩くのと同様、前を向いて普通に歩く方法です。
しかし、足の運び方には注意しましょう。
足はかかとから着地して、足裏全体をしっかりとプールの底につけるように心がけます。
また、姿勢は背筋を伸ばし、前かがみになったりしないように意識しましょう。
無理せず、呼吸が乱れない程度の速さで余裕をもって歩くことが大切です
基本的な歩き方に、少し違う動きを取り入れるだけで効果が高まります。

歩幅を大きくする
肩まで水に浸かるくらい大きな歩幅で歩き腕も多く振ります。
大腰筋が鍛えられ、股関節を伸ばすことができ、骨盤ゆがみの改善につながります。

スネで水を蹴り上げる
モモを上げて→スネで水を蹴って→足を下ろす(着地)を繰り返します。
お尻や足の筋肉を鍛え、ヒップアップが期待できます。
しっかりモモを上げて、水を蹴るところがポイントです。

ヒザにヒジをタッチする
モモを高く上げて歩きます。慣れてきたら、そのヒザに反対のヒジでタッチします。
(右ヒザに左のヒジでタッチ)ウエストをひねるように意識しましょう。
ウエストラインの引き締めに効果的です。
水中ウォーキングの継続時間も、他の有酸素運動と同様、脂肪燃焼の効率性の観点から、20分を越えた連続する、休憩しない水中ウォーキングの時間を確保すべきだと思われます。

横歩きで歩行(サイドウオーク)
進む方向に足を開いて、上体を水中に沈め横に歩きます。
進む方向の手と足は水を押しながら進行します。
慣れてくれば歩幅を変えて歩いてみたり、左右交互に歩いてみたりバリエーションをつけてみましょう。
足をしっかり開いて体を沈めることで下半身やお尻の筋肉を強化できます。
手を広げて水をしっかりかくことで、二の腕の筋力強化になります。

 

水中ウォ-キングダイエットの消費カロリーは?

水中ウォーキングを行うとカロリーを消費しますので、ダイエット効果が期待できます。
まずは、水中ウォーキングでどれくらいのカロリーを消費するのでしょうか?

体重や年齢、性別によっても変わってきますのできちっとした自分の体重から計算する必要があります。
まず、覚えておかなければいけないことが、水中ウォ-キングにより体重1Kgが1分間に消費するカロリ-0.096Kcalということです。

水中ウォーキングにより消費するカロリーには、以下の数式があります。
水中ウォーキングにより消費するカロリー(kcal) = 体重(kg) × 0.096 × 時間(分) × 補正係数
補正係数は、男女・年齢別に、以下の通りとなっています。

【男性】 20-29歳  1.00   30-39歳  0.96   40-49歳  0.94
【女性】 20-29歳  0.95   30-39歳  0.87   40-49歳  0.85

例えば、40代、体重60kgの女性の人が1時間、水中ウォーキングをすると、 60 × 0.096 × 60 × 0.85 = 293.76kcalを消費します。

上の例では、消費カロリーは約300kcalですが、体重60kgの同じ女性の人が陸上でウォーキングすると、300kcal消費するには、110分かかります。

すわなち、水中では、陸上と比較して、ウォーキングの消費カロリーが約2倍近くまでアップするのです。
同じ時間歩いて、水中では、陸上よりも消費カロリーが高くなる理由は、水圧へ抵抗しての運動、水温が体温よりも低いために体内で体温を高めようと熱を発することなどが挙げられます。
水中では浮力があり、膝への負担が軽くなります。
水中ウォーキングで腱や関節、筋肉などの大けがをしたというような話を聞かないように、水中では浮力により、身体の負担が少なくなり、ケガすることもほとんどありません。
特に、高齢者や、膝などに病気がある人には、取組みやすいのがウォーキングであると言えるでしょう。
水中ウォ-キングで効率的にダイエットするには摂取カロリ-を抑えることが一番です。

 

しっかり効果を出す!水中ウォ-キングダイエット成功するやり方とカロリー!のまとめ

 

水中ウォーキングは有酸素運動であって、水の特性により脂肪が燃えやすい状態になっているので、脂肪を効果的に燃焼できます。
普段と同じように歩くのではなく、ダイエットに効果的な歩き方を取り入れて、全身を鍛えるようにしましょう。
水中ウォーキングは、水の特性である浮力・水圧・水温などの影響を受けるため、 関節への負担が少なく、効果的に運動ができます。又、ゆっくりとした容易に感じる運動でも、十分なカロリーを消費し、脂肪を燃焼させてくれるのです。
陸上を歩行するのに比べ、水中を歩く場合には水の抵抗を受けますので、負荷が大きくなって筋肉を効果的に鍛えられます。
鍛えたい筋肉を意識して運動を行なうと、さらに効果を高められるでしょう。

水中ウォーキングは直ぐに効果があるものではなく、長い時間続けることで効果が得られるものです。


Sponsored Link


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)