こんにゃくダイエットの効果と正しいやり方!

こんにゃくダイエットのやり方や注意点!

メディアでも多く取り上げられているこんにゃく。

こんにゃくがヘルシーな食べ物、というのは誰もが知っていることではないでしょうか。

低カロリーで食物繊維たっぷりの、日本が誇るヘルシー食材です。

そのため、当然ながら、こんにゃくを使ったこんにゃくダイエットも「聞いたことがある」「取り組んでみたことがある」という方も多いのではないでしょうか。

こんにゃくダイエットは満腹感を得られるので、ダイエットの中では効果がでやすいやり方といわれていますが、しかしその一方で「こんにゃくばかり食べたら、味に飽きそう」「本当に痩せられるの?」という疑問を持っている方も多いのが現状のようで、成功するためには飽きることがないダイエット方法にすることが重要になります。

そこで今回は、こんにゃくダイエットのやり方や注意点をご紹介したいと思います。

 


Sponsored Link


 

 こんにゃくダイエットとは?カロリーは?

 

 

こんにゃくダイエットとは、低カロリーのこんにゃくを食事の前に食べたり、食事の時のメインとして食べることで、摂取カロリーを減らすダイエット方法です。

こんにゃくのカロリーは、100gあたり約7㎉ほどです。

通常スーパーなどで売られているこんにゃくは200gほどなので、一つ食べてもたったの14㎉にしかなりません。

おでんや煮物には欠かせないこんにゃくですが、意識して食べたことのある方というのは、以外と少ないのではないでしょうか。

普段はなかなか表に立たないこんにゃくを主役にしたのが、こんにゃくダイエットです。

こんにゃくは、商品によって多少の誤差がありますが、95%が水分、2%が食物繊維となっており、とても低カロリーの上、お腹に溜まりやすいというのが特徴です。

このことから、こんにゃくはダイエットに有効と言われています。

そのため、普通に食べていたとしても痩せられるので、ダイエットとしてはとても最適な食べ物として人気があります。

さらに、こんにゃくにはグルコマンナンという食物繊維がかなり含まれています。

グルコマンナンは水溶性食物繊維の一種で、体内に入るとお腹の中で膨らみ、食欲を抑える働きがあります。

食物繊維は便秘の解消ができますので、便秘にも良いとして人気があります。

いくつか注意する点がありますので、注意する点をよく知ってからこのこんにゃくを使ったダイエットをしていくのがオススメです。

 

こんにゃくダイエットの効果

 

 

こんにゃくは無機質な味のため、食べ飽きしやすいというのが難点です。

こんにゃくダイエットを成功させるためには、いかに食べ飽きせずに続けられるかがポイントとなります。

しかしどのような効果があるのか知らないで始めるのはあまりオススメできません。

そこでこんにゃくダイエットの効果に関して説明いたします。

まずこのこんにゃくですが、カロリーが非常に少なく食物繊維がかなり多いので、この食物繊維によってあまり食べなくても満足できます。

食物繊維は水分を含むことにより膨張するようになり、お腹が張る結果になり空腹感が無くなります。

カロリーが低い上にあまり食べなくても満足を得られるためよりカロリー摂取を控えることが出来ダイエットには最適です。

そして食物繊維は便秘解消をしてくれるとして有名で、こんにゃくによって便秘解消の効果を期待できます。

こんにゃくそのもののカロリーがとても低いため、軽食などに飲用しても罪の意識があまりなくて済むところもメリットと言えるでしょう。

 

こんにゃくダイエットのやり方

 

 

方法はとても簡単で、こんにゃくを食べる環境にするだけです。

ごはんのかわりにこのこんにゃくを食べるようにするだけで、カロリー摂取を抑えることが出来ます。

ただなにもしないで食べるのは当然飽きてしまいますので、長続きしません。

 

こんにゃくには、板こんにゃく、玉こんにゃく、糸こんにゃくなど色々な形があり、形が異なれば食感や味の染み込み方、献立の種類なども変わります。

例えば、玉こんにゃくはわらび餅風にして食べるとか、糸こんにゃくはパスタやうどん代わりに活用することで、美味しく味わうことができますし、工夫次第で数多くの料理を楽しむことができます。

 

そのためには、こんにゃく=板こんにゃくという考え方を捨て去ること。

 

ただ注意も必要としていて、カロリーが低くその他の栄養素が少ないですので栄養不足になる可能性があるため、より健康的に痩せるためには栄養も考えないといけません。

 

こんにゃくダイエットの注意点やポイント!腸閉塞の危険性はないのか?

 

 

こんにゃくには食物繊維が含まれていることもあって、過剰摂取てしまうと消化しきれなかった分が腸内に残り、やがて腸閉塞に見舞われてしまうことも考えられます。

こんにゃくに含まれる食物繊維・グルコマンナンの一日の摂取量の規準は、4~5gと言われています。

これは板こんにゃくに換算すると、250g程度。 つまり、一日で食べるこんにゃくの上限は、通常売られている板こんにゃく(200~250g)一つ分ということになります。

なお、グルコマンナンを多く摂ると、腸閉塞を起こすばかりではなく、脂肪やコレステロールの吸収を抑える効果が薄れ、他の栄養の吸収を阻害すると言われています。

いくら低カロリーだからと言って、食べ過ぎては意味が無いということです。 

そのうえで食べる場合にはしっかり噛んで小さな状態にしてから飲み込むことが必要です。

どのようなダイエットもマイナス面としている部分、そして危険としている部分がありますので、プラス面だけをみるのではなく、危険そして悪い部分も見てから始めるようにしてください。

 

NHK ガッテンで紹介されたこんにゃくの裏技!

こんにゃくを「砂糖でもむ」方法のコツ!

◆ふつうの「板こんにゃく」の場合…1~2センチ角の食べやすいサイズにサイの目に切り、100gあたり5g程度の砂糖と一緒にポリ袋にいれて2~3分間よくもみます。するとこんにゃくの中の水分が外にでてきます(こんにゃくの匂いが苦手な人はこの水分を捨てる)。そのあとでこんにゃくが浸る程度のしょうゆに漬けて、冷蔵庫で3~6時間おくとしょうゆ味が染みたこんにゃくが出来ます。 温かい状態で煮物に入れたければ上記のものをダシの入った鍋に入れ、ごく軽く(沸騰させない程度)火を入れてください。

◆コーヒー味などデザートの場合…上記と同様に切って砂糖でもんだ後、しょうゆではなくコーヒーやハチミツレモンなど、甘みのある液体に漬け込み、冷蔵庫で一晩置く。

◆しらたきの場合…しらたきは、必ず流水でよく洗ってください(臭みをとるため)。そのあと食べやすいサイズに切り、やはり100gあたり5g程度の砂糖と一緒に袋に入れて2~3分間よくもみます。そのあと更に水でゆすいでおくと料理に使いやすい状態になります。氷の上にのせて冷やすと食感が良くなります。

こんにゃくを「2時間冷凍する」方法のコツ! ◆板こんにゃく(色は黒いモノや白いモノを用途に合わせて)を袋から出して水で洗い、「幅5ミリ」の厚さで切る。使う用途に応じて「短冊状」でも「細切り」でもよい。そのあと、金属のバットの上に重ならないように並べ、ラップをしてから冷凍庫へ入れ、2時間冷凍させる。その後、流水で解凍させ、表面が固くなくなったら料理に使う。

 

こんにゃくダイエットの効果を高めるおすすめのレシピ!

 

板こんにゃくダイエット

簡単肉巻きコンニャクステーキ

https://cookpad.com/recipe/4031294

★簡単きんぴらごぼう★31㌍

https://cookpad.com/recipe/3740711

粒こんにゃくダイエット

粒こんにゃく入りミラノ風野菜スープ

https://cookpad.com/recipe/2892479

最強のダイエット米!カロリーゼロ!

https://cookpad.com/recipe/4585834

しらたきこんにゃくダイエット

白たきヘルシー焼きそば風★グルテンフリー

https://cookpad.com/recipe/3922136

カニカマと白滝コンニャクの春雨サラダ風

https://cookpad.com/recipe/2416618

 

こんにゃくダイエットの効果と正しいやり方!のまとめ

 

ご飯や麺などの炭水化物の代わりとして食べることができるため、気軽に早く痩せたいからと、こんにゃくだけを食べるという無茶なやり方は決して行わないようにして下さい。


Sponsored Link


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)