片足立ちダイエットはやせる?効果と正しいやり方!

片足立ちダイエットは1分でウォーキング50分の効果がある!?

ウォーキングはジョギングほどのカロリー消費はないものの、ダイエットに限らず体調維持の為にも是非ともやり続けたい習慣だけど、働いていたり、子育てで忙しい方は、日常的に時間を作るのも大変なのではないでしょうか。

そういうふうな方にグッドニュースなのが、「片足立ちダイエット」です。

何と言っても驚くべきなのが、片足を1分行うだけでウォーキングを50分行ったのと同じくらいの効果があるということ

今回は、片足立ちダイエットについて調べてみました。

片足立ちダイエットの効果や正しいやり方など、片足立ちダイエットについての疑問を詳しく調べてみたいと思います!


Sponsored Link


片足立ちダイエットとは?

 

片足立ちダイエットとは、その名の通り片足で立つだけの超簡単なダイエット方法です。

ウォーキングやジョギングのように時間や手間がかからず、思い立ったらすぐ行動に移せるところが魅力的です。

ただし、超簡単とは言え安易に考えてはいけません。

実際に片足立ちをしてみると、以外と長く続けるのは難しいもの。

普段、足の筋肉を殆んど使わない方ほど、片足立ちで立っているのはつらいと思います。

そのため、片足立ちをすることで足の筋肉を鍛えることができるので筋肉量が増え、基礎代謝がアップします。

また、上半身と下半身を繋ぐ骨盤の動きもスムーズになるため、血流が促進され、新陳代謝が活発になり脂肪の燃焼効果が上がります。

なお、片足立ちダイエットは30分、一時間と長く行うものではありません。

一日、片足たったの1分でよいというところも魅力です。

 

片足立ちダイエットの効果

 

この片足立ちダイエットにはどのような効果があるのでしょうか。

厚生労働省が運営する健康情報サイトeヘルスネットによれば、この片足立ちは、足の筋力やバランスを計測するためのテストとしても使われているようです。

歩行や走行のための筋肉が衰えていないかどうかを計測するということは、この片足立ちによってそれらの筋肉が使われるということ。

ここでは、片足立ちダイエットによる効果がどのようなものなのかをご紹介していきます。

片足立ちは片方の足だけでバランスをとろうとするため体幹が鍛えられるので、骨盤や肩甲骨の位置が上がり、猫背が改善されて正しい姿勢をとりやすくなります。

猫背が改善されると見た目の印象が変わるだけではなく、背中や首を通る自律神経が整い、内臓の働きを高めて食欲を抑える効果もあります。

そして、骨盤の歪みは腰痛などの原因になるので、改善していきたいですね。

片足立ちによって筋肉が増えて血流がよくなると、老廃物の排出機能が高まるため便秘やむくみの解消に繋がります。

また、肩こりや頭痛に悩む方や冷え症などの症状が緩和・改善されます。

さらに、片足立ちによって足に適度な負荷を与えることで、筋肉だけではなく骨も鍛えることができるので、骨粗しょう症などの予防にも役立ちます。

 

片足立ちダイエットのやり方

 

①両足を腰幅に開き、両手を腰に置きます。

②片足を床から5㎝~10㎝ほど上げて、そのまま1分キープしましょう。

③反対側も同様に行いましょう。

 

足上げ運動による片足立ちダイエットのやり方

 

①その場で足踏みを繰り返しましょう。

②脚を伸ばして、美脚を目指す動きです。

③1、2、3歩目で右足を前にまっすぐ伸ばし、左手でタッチします。

④同様に、1、2、3歩目で左足を前にまっす伸ばし、右手でタッチし、テンポよくこの動作を5回繰り返しましょう。

⑤肘と膝をタッチして、ウェスト周辺を絞り、デトックス効果を上げて行きます。

⑥足を肩幅よりも大きく開きます。右膝を斜め上に引き上げ、左肘とタッチします。この時、お腹をギュッと絞るように意識しましょう。

⑦反対側も同様に。左右15回づつを目安に動きましょう。

⑧次にスクワットで全身の筋力アップしていきましょう。

⑨息をハーっと力ずよく吐きながら、両ひざを深く曲げ、両肘を脇に引き寄せます。この動作を15回目安に動きましょう。

 

ヨガを取り入れた片足立ちダイエットのやり方

 

①床に立ちます。

②左足を曲げ、外側に開き、足の裏を右足のふくらはぎに付けます。

③さらにそこから手を使い、左足を右足の太ももに付けます。

④左の膝が内側に入らないよう、外側に向けるように意識しながら、両手を胸の前で合わせましょう。

⑤下半身が安定して余裕がある方は、両手を合わせたまま頭の上まで持ち上げてみましょう。

⑥同様に、反対側の足も行って下さい。

 

片足立ちダイエットの注意点

 

片足立ちダイエットは、まぶたを閉じて行う必要はありません。

まぶたを閉じるとバランス感覚が養われると言いますが、目を閉じて片足立ちをすると思わぬ怪我をすることがあります。

基本的に足の筋力をアップさせるのが目的のため、今回は必要ありません。

また、片足立ちをしても体がぐらぐらしてしまうという方は、慣れるまで壁や椅子などに掴まって行うのがよいでしょう。

 

片足立ちダイエットのまとめ

 

片足立ちダイエットは、自宅でテレビを見ている時などは勿論のこと、通勤・通学途中の電車やバスを待っている時など、日常のちょっとした隙間時間を使って有効にダイエットを行うことができます。

ただし、短期間で体重をガクッと落とすダイエットかと言われたら、残念ながらそうではありません。

なお、ヨガを取り入れた片足立ちや、足上げ運動による片足立ちができるようになったら、さらに効果のある「片足立ちジャンプ」もお勧めです。

右足を左足のふくらはぎに引っ掛けるように載せたら、その場からなるべく動かないように10回ほどジャンプしてみましょう。

この時、高さは必要ないので小さくてもいいですから、場所を移動しないようにジャンプをすることを心掛けて下さい。

逆の足も同様に行ってくださいね。 足の引き締め効果が抜群なので、綺麗ですらっとした足を手に入れることができますよ。


Sponsored Link


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)